■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■夏季大会第1回戦

6月24日(日)
待ちに待った夏季大会第1回戦

就寝前の監督からのメールは、冒頭に「皆様の協力で今日は良い練習が出来たと思います。」とあり、続いて
①いつもよりも1時間早く就寝すること
②試合当日は集合が早いが、朝食は必ず取ること
③外野は今日の練習でスパイクが濡れたので新聞紙をつめて水分を取ること
④アンダーシャツの着替えを忘れないように
と大変こども達のことを気遣った内容を頂きました。

これを読んで、2試合を勝ち抜く為の準備を整えて当日集合しました。

結果は負けてしまいましたが、、、、
選手・監督・コーチ・親たちは間違いなく2試合を勝つための心の準備は出来ていたし、
かなりの意気込みで臨んだのは言うまでもありません。

試合は先制されたにもかかわらず、その裏には逆転!
何度も追加点を許してしまいながらも、してしまったミスは、攻撃で返す。
後半は追うかたちで「挽回してやる」「絶対勝つ」の意気込みは、最終回ギリギリまで見られました。
1アウト2・3塁。
見ている方も、これはまた振り出しになるか、逆転サヨナラだ!!!
なんて天にお願いしている間もなくいつの間にか3アウト。
エッ????何が起こったか?そのときは目を疑ってしまいました。

その後の出来事は、まるで夢の中を彷徨っているかのようでした。今だに受け入れられません。

でも、こども達は、引きずらないものです。
その後も、学校に戻って2時間半ほど練習をし、帰りました。

県大会への道は絶たれてしまいましたが、一緒に戦った5年生は来年もあります。
今回の結果を無駄にせず、がっちり守る練習を「これでもか~」というくらいしてください。

そして来年は絶対に勝ち進んで、県大会に行くのです。
監督・コーチ・応援してくれている人たちを県大会に連れて行ってください!!

6年生は残された、市川リーグ・チャンピオンズリーグを全勝するよう気持ちを入れ替えていくことでしょう。

私たち応援者も気持ちを切り替えるようがんばります。
残されたこのメンバーでの一日一日を大切にしていきたいと思います。

【追伸】
公式戦でのWヘッダーは辛いです。
一日で2試合戦うには、子どもの体を考えると厳しいし、他のチームと条件が平等ではなくなります。
負けた結果思うのではありません。成長期の子どもたちは関節が痛いのです。
まずは将来ある子どもたちのことを考えてほしいと思いました。









■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。