■2011年06月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■夏季大会結果報告

 八幡チャレンジャーズ 12-2 宮台B 

所々にファインプレーは出たものの、集中が切れるところが節々にあり、
最後には諦めが感じられる試合に見えた。

守備の乱れから追加点を次々に許してしまったり、送球ミス、パスボールも目立った。

攻撃は打線振るわず、と言ったところだろうか。
2回まで3者凡退。
塁に出ても打線が続かず、ランナーを返すことができなかった。
走塁も振わなかった。
相手ピッチャーは素晴らしかったが、乱れを作り出す手立てはあったかもしれない。
ノーアウトランナー3塁のチャンスがあっても、サインを読まれ、ものにできず。
サインというのは采配。お決まりで出すものでもないと思う。
先読みしたり、相手も相手の手を読むわけだから、難しいものだと思う。
そこが野球の面白いところだとも思う。

しかし、今、我がチームに必要なのは、
①諦めない事
②見方を思って大事にプレーする事
③コミュニケーションをとる事(声掛けする事)

ほぼ、ハートの問題。

君たちは、野球を始めてまだ何年も経っていないのだから、
分からないことがあって当たり前。
分からない事や、どうしたらいいか分からない事があったら
どんどんコーチや監督、先輩に聞いてほしい。
5年生だから、高学年だからといっても、
何度も同じ事を聞いてもいい。
何も恥ずかしいことなんてない。
今の自分を乗り越え、向上したい、上手くなりたいと思っているなら
行動に移そうまだまだ間に合う。

また来年と言っても、このチームでできるのはあと1年しかない。
このチームでの絆を強くして、素晴らしいチームにしたい。

そのためにも、私たち応援団も援護して行きます。
さあ、そろそろ気持ちを入れ替えてがんばろう

スポンサーサイト

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。